top of page

「賛否両論」を英語で言うと?

2022年も明けてもう1ヶ月が過ぎ、

あっという間に2月になりましたね。


コロナウイルスの状況はまだまだ長期化しそうな中、

海外からの渡航を完全に止めることや、

緊急事態の発令などに関して賛否両論が多く聞かれますね。


今日はそんな「賛否両論」を英語で言ってみましょう。

これは pros and cons を使って表現できます。

(pro が賛成、Con が反対の意味で、通常複数形のセットで使います)


例えば「その問題には賛否両論がある」と言いたいときは

There are pros and cons of the matter.

などと表現できます。


他の言い方としては、


for and against (for が賛成、againstが反対)や、

argument「論争」を使って


There are arguments both for and against the matter.

「その問題には賛成と反対の議論がある」

と言ったり、 aspect「面、見解」を使って


There are both positive and negative aspects.

「ポジティブ、ネガティブ両方の面がある」

などとも伝えることもできます。


他にはシンプルに be divided (分かれている)を使って


The opinions are divided.

「意見は分かれている」 などと伝えることもできます。


さまざまな言い方がありますが、特に Pros and Cons が使いやすく、

海外でもよく使われるので、身につけておくと便利ですよ。

閲覧数:181回0件のコメント

Comentarios


bottom of page