top of page

【基本単語使いこなし術】「家」と言いたい時は Home?それとも House?

こんにちは!もう3月になりますね🌸


春の季節、これから新年度や新しい環境で活躍される

準備をしている方も多いのでは無いかと思います。


コロナも少しずつ落ち着いて、やっと海外渡航もしやすくなり

旅行をされている外国の方も見受けられるようになりましたね。


ぜひこれからも英語を続けて

新年度に新しい世界、新しい体験に挑戦してみてください😀


英語を学んでいて

「こんないいことがあった!」とか

「こんな人と友達になれた!」

などといったコメントもぜひお送りください!



さて、今回は先週に引き続き

単語表現のちょっとしたニュアンスの違いをみていきましょう。


「家」という時、househome が使えますが、

実は意味合いが少し違います!


穴埋めでチェックしてみましょう。

(  ) に househome どちらが入るか挑戦してみてください!



A: No one lives in this old ( ).

この古い家には誰も住んでいません



B: My apartment is not spacious, but it’s my ( ).

私のアパートは広く無いですが、私の家です。



正解は、、、


A: house

B: home


です!



house は家の建物そのものを指す時に使われるので、

どちらかというと物質的な、「物」として見る時に使われます。


一方 home は人が住んでいる「生活の場」といったニュアンスで、

「家庭、我が家」を意味して使われる表現です。


そこから派生して、

home は「故郷、本場」などといった意味でも使われるわけですね。


なので、家に帰ってきて「ただいま!」という時は、

I’m house! ではなく I’m home! です🏡


使い分けに注意して英会話を楽しんでくださいね!


 

今回はアンナ先生の無料レッスン動画をお送りします!

基礎的な英語表現もいざ会話となると、中々口から出てこないもの。


何度も読んで練習してみてください↓↓


それではまた次回!

See you next time!


閲覧数:52回0件のコメント

Comments


bottom of page