top of page

【教科書で出てこない英語】「ありえない」は英語でNot a _____!

こんにちは!2月も早いもので2週目になりました。

まだまだ寒い日々が続いているので、体調管理などは十分お気をつけください。


さて、今回はおそらく多くの英語の教科書には出てこないけれど、「ネイティブがよく使うフレーズ」を紹介します。


「絶対にない」、「冗談でしょ」、「ありえない」などと言う時、単に No! と言うのではなく、Not を使った表現で


Not a _____ ! と言うことができるのですが、

空所にどんな単語が入るか、ちょっと考えてみてください!



正解は


●Not a chance! です。


「チャンスはひとつもない」、転じて「絶対にだめ」、「ありえない」となります。日常会話でネイティブはこのフレーズをよく使うのですが、学校英語ではなかなか取り上げられない言い回しですね。


例文

A: Hey, Paul, do you think I could borrow that jazz CD you bought last week?

B: Not a chance. Every time I lend you something, it's damaged when you return it.

A: やあ、ポール。君が先週買ったジャズのCD貸してくれない?

B: 絶対いやだね(それはありえないね)。君になにか貸すと、必ず壊して返すんだから。


他には、

●No way. 

「絶対にだめ」「ありえない」「冗談じゃない」

*強く否定するときの言い方。「ウソでしょ?!」とびっくりしたときにもこれが使えます。


例文

A: Dad, can I borrow the car tomorrow night?

B: No way. The last time you drove my car, I got a call from the police.

A: お父さん、明日の夜に車借りていい?

B: それは許さない(ありえない)。前回お前に貸したときには警察から電話があったんだぞ。


●You're way off. 

「大まちがい」「ぜんぜんちがうよ」「ありえないね」

*相手の発言を完全に否定するときの言い方。まちがいを指摘するときにも使えます。


例文

A: Hello, is this General Hospital?

B: You're way off. This is just a private residence.

A: もしもし。総合病院ですか?

B: ぜんぜん違いますよ(それはありえないですね)。ここは単なる個人宅ですよ。


などといった言い回しがあり、場面に合わせて使い分けることができると流暢さがつきますよ。


ぜひ使ってみてください!



【無料発音レッスン】英語の早口言葉に挑戦!


先月、英語の早口言葉を紹介しました。うまく読むことができましたか?

とても好評だったので今回はその第二弾として、早口言葉の無料レッスンをプレゼントします。


同じような音が続く文章を読んで、英語をスムーズに読む練習をしてみましょう。

文章の意味は気にしなくて大丈夫です笑 口の体操だと思って挑戦してみてください!


まずはaの発音練習用の早口言葉から!

①Eight apes ate eight apples.

(8匹の猿が8個のリンゴを食べた)


次はcanの音ですね。これを早く読むのは少し難しいかも、、!

②Can you can a can as a canner can can a can?

(缶詰屋さんのように缶を缶詰にすることができますか?)


最後はaiの読み方です。流暢に読めるように何度も練習してみてください。

③The rain in Spain stays mainly in the plain.

(スペインの雨は主に平原に降る)




どうですか?うまく読むことができましたか?

英語を早く読めるようになると、聞き取りも楽になると思います。


英語を話す時は口を少し大袈裟に動かして、はじめはゆっくりと、

徐々にスピードをつけて読めるように練習してみるといいですよ。


それではまた次回!

See you next time!


閲覧数:97回0件のコメント

Comments


bottom of page