top of page

アメリカ式とイギリス式とで、引用符の使い方に違いはある?

引用符には2種類あります。アメリカ式ではダブル・クォーテーションマーク(“ ”)を用い、イギリス式ではシングル・クォーテーションマーク(‘ ’)を用います。


引用符の内側にさらに引用符が入る場合、アメリカ式ではシングル・クォーテーションマーク(‘ ’)を使い、イギリス式ではダブル・クォーテーションマーク(“ ”)を使います。


アメリカ式

According to the newspaper, “When the President was asked his opinion, he replied ‘It doesn’t matter.’ ”


イギリス式

According to the newspaper, ‘When the President was asked his opinion, he replied “It doesn’t matter” ’.



閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page